ごあいさつ

当社は、昭和48年6月に日本国土開発(株)から重機土工部門が分離独立する形で誕生しました。同社の重機土工部門は戦後の混乱や復興の黎明期に今では一般的になっていますリッパー付ブルドーザーや湿地式履帯重機を日本で最初に導入し、また、水中ブルドーザーの開発に先鞭を付けるとともに国内唯一の被牽引式スクレーパーのメーカーとしても先端的な役割を果たしてきました。

当社はその意思を受け継ぎ、創業当初は重機土工の専門工事業として企業活動を開始しましたが、より先進的な土木施工を行うために工事用機械の設計・製造部門を吸収し、当社の伝統である重機土工のDNAを活かしながら「製造から施工まで一貫した建設サービス」を提供できる建設会社として社会へ優れた工事を提供し、その発展に寄与することを目標として企業活動を展開しています。

目標達成のため、具体的には次の項目に注力しています。

[建設部門]
・国土交通省や“神奈川県厚木市に本社が有る”ことを活かした『地域に密着した企業』として神奈川県や近隣地方自治体発注工事への積極的な取組み。
・トンネルリニューアルや橋梁耐震補強等のインフラメンテナンス工事の施工実績の蓄積および施工体制強化。
・自然災害に対する復旧・防災工事への積極的な参画。
・日本国土開発㈱が開発した“回転式破砕混合工法”の普及とその施工
・最先端技術ICTを活用した精密かつ正確な重機土工施工技術の蓄積とノウハウの活用。

[機械製造部門]
・得意とする中小型シールドマシン、回転式破砕混合機械の製造と販売力の強化
・建設需要に沿った工事機械の技術革新および新規技術開発。

建設業の原点は工事現場にあります。私たちは現場第一線の活動に「活力と強さを」を持たせ、さらに“現場力”に磨きをかけて、より一層企業価値を高めるとともに“安全と品質”に責任を持ち、お客様に安心をお届けできる会社を目指します。

これらの企業活動により、お客様はじめすべてのステークホルダーの信頼にお応えして満足感をご提供できるよう、誠心誠意取組んでまいりますので今後とも、皆様のご指導並びにご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 林 伊佐雄

▲ページトップへ戻る

Copyright(c) 2014 Kokudo Kaihatsu Industry Co.,Ltd All Rights Reserved.